ジュエリーを生み出す彫金の技法

ジュエリーを制作する場合、大きく分けて二つの方法があります。
一つは精密鋳造またキャスト、ロストワックスといい、原型をワックスや蜜蝋で制作して鋳造します。
もう一つは地金から直接加工して作る彫金技法です。

特に日本では地金を直接扱う彫金技法の発展は色金や精緻な象嵌技法(ぞうがんぎほう)など世界でも独自の発展を遂げ、それは世界最高の刃物、刀を飾る刀装具を担ったからこその発展だったといえましょう。廃刀令後、そんな彫金師達が今日の日本のジュエリーの土台を作りました。

彫り

ジュエリー 彫り

世界中に金属に線を彫る技術は様々ある中、和彫りの特徴は鏨(たがね)を鎚で叩き一気に深く、幅広く、そして細く柔らかく、自在に鏨(たがね)をコントロール出来るところで、熟練した職人はあたかも毛筆のように滑らかに地金に絵や文字を書くことが出来ます。

毛彫り、片切り彫り、丸毛彫り、蹴り彫りなど、鏨(たがね)を変えて線の種類も様々に表現します。

打出し

地金を叩いて膨らませ、立体的に造形していく技術です。
出し鏨(たがね)という彫り鏨(たがね)とは違い、刃の無い先の丸いものなどを複数駆使して作ります。熟練すると、一枚の板をまるで塊を削って作った彫刻のように作り込むことが出来ます。板で作ることで軽く、そして貴重な材料を無駄にしないで作ることができ、無駄をきらう日本人の美意識も感じさせます。

g_08_02 g_08_04 g_08_03 g_08_05

象嵌技法(ぞうがんぎほう)

違った金属を嵌め込んで、色を違えて柄や線を表現する技法です。
特に日本の象嵌は、特殊な合金を作ることで様々な色を生み出しました。金と銅の合金である赤銅(しゃくどう)は煮色をしますと美しい黒色になり、銀と銅の合金の四分一(しぶいち)は煮色をしますと灰色になります。特に刀装具においては、数種類の色金を複雑に合わせる象嵌技法(ぞうがんぎほう)は様々に発展してきました。

ジュエリー作家が制作する彫金ジュエリー【akihama.com】 概要

サイト名 akihama.com
所在地 〒254-0813 神奈川県平塚市袖ケ浜1-2 稲元ビル302
電話番号 080-5086-7921
URL http://akihama.com/
業務内容 ジュエリー作家が制作する彫金アクセサリー、ウェディングアクセサリー、羽モチーフアクセサリーの販売。
説明 日本の彫金作家・ジュエリー作家 秋濱克大が一点一点心を込めて制作する、羽モチーフのネックレス、指輪、ピアス、チョーカー等のシルバーアクセサリーブランド【akihama】ウェディングアクセサリーもおすすめです。

シルバーの彫金ジュエリーならakihama(アキハマ)へ