繊細な手彫りジュエリーの魅力

日常生活の中で身につけるジュエリーは、自分をより美しく魅せるために欠かせないアイテムです。
ハンドメイド作品から高級ブランド品まで作家独自のセンスが輝く作品は数多くあり、中でも手彫りジュエリーは一点物の存在感を楽しむことが出来ます。ひと彫りひと彫り、作家の思いが込められたシルバーの手彫りジュエリーの魅力についてご紹介していきます。

職人技が光る金属の手彫りとは

職人技が光る金属の手彫りとは

手彫りジュエリーは、作家が時間をかけて制作した一点物ということで高い人気があります。シルバーアクセサリーを手彫りで制作する際、とても硬い金属を彫るには、鋼の先に刃を付けた鏨(たがね)という道具を持ち、小さな金槌で一回一回叩いて彫っていきます。鏨を用いて金属を彫る技術のことを「彫金」と言い、「毛彫り」や「透彫り」など、金属に彫りを施す技法にもいろいろあります。

その歴史は古く、古墳時代の青銅器にも彫りが見られ、古くから続く日本の伝統技術とされています。かんざしなどの装身具や仏像・仏具や、刀の柄・鍔といった装飾にも彫金が活かされているほか、現在ではジュエリーやアクセサリーでも幅広く活用されています。

金属で表現する繊細さ

 

日本ならではの細かく正確な技術が活かされた金属の手彫りジュエリーは、繊細なデザインとその美しさが特長的です。
細かな彫刻には職人の丁寧さと温かな気持ちが込められた手彫りのシルバーアクセサリーは、「世界に一つ」というオリジナル性も魅力的であり、誕生日や結婚祝い、就職祝いなど、特別な贈り物としてもおすすめです。

繊細な技術とデザイン性の高さでほかの人と異なったオシャレを楽しめるという点も、魅力として挙げられます。リングやイヤリング、ネックレスなど、男女ともにファッションをより美しく魅せるジュエリーには、個性的で繊細な彫模様の一点物のジュエリーを選んでみてはいかがでしょうか。

洋彫りと和彫りの違い

彫金には、洋彫りと和彫りの2種類があります。洋彫りはイタリアに古くから伝わる彫金で、繊細な彫刻が特徴的な彫り方です。和彫りは日本に古くから伝わる伝統技術で、両手を使って彫っていきます。そのため、力強く独特な迫力があるデザインが魅力です。

ジュエリー作家が制作する彫金ジュエリー【akihama.com】 概要

サイト名 akihama.com
所在地 〒254-0813 神奈川県平塚市袖ケ浜1-2 稲元ビル302
電話番号 080-5086-7921
URL http://akihama.com/
業務内容 ジュエリー作家が制作する彫金アクセサリー、ウェディングアクセサリー、羽モチーフアクセサリーの販売。
説明 日本の彫金作家・ジュエリー作家 秋濱克大が一点一点心を込めて制作する、羽モチーフのネックレス、指輪、ピアス、チョーカー等のシルバーアクセサリーブランド【akihama】ウェディングアクセサリーもおすすめです。

日本人ジュエリー作家の彫金アクセサリーならakihama(アキハマ)へ